ひとりひとりの症状や体質に合わせた専用の調合!ピンポイント漢方薬の八幡山「漢方堂薬局」

kanpo
漢方堂薬局の煎じ薬(湯液または湯薬)はいくつかの種類の生薬を水に加え火にかけ、気持ちを込めて煎じて作ります。
火の利用できるようになった時代から生薬を煮沸することによって熟薬(薬効を高め、単味薬を複味薬に変化 させる)とすることができます。

煎じ薬は人々の生活、生産、経験、知識の絶えざる積み重ねと長い間の病気との懸命な戦いの中で 産みだされてきました。

煎じ薬は顆粒に比べ効果が違います。顆粒の薬はスプレードライ方式で製剤化しておりますので、加熱して空中で 離散してしまう成分が非常に多く、主成分又は重要な成分が不足してしまう可能性があります。

 

漢方堂薬局の原料は、産地から栽培、採取に至るまで
全ての過程で安全性が確保されております。

haniru[1]漢方堂薬局では、漢方薬を煎じる機械で煎じてアルミパック分包代も含んで1日分3包で550円~650円、30日分で 16,500円~19,500円でご提供 して おります。(1ヶ月分以上の場合送料無料です)
←漢方薬抽出自動包装機(128cm×56cm)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 漢方堂薬局 All Rights Reserved.