妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

子宮内膜症とは

子宮の内側をおおう子宮内膜が、別の場所で増殖してしまう病気です。
子宮内膜症の発症は一般女性では5~10%の頻度なのに対して、不妊女性には20~40%の 割合になるという報告があります。

子宮以外にできた内膜は、生理のたびに増殖と剥離(はくり)を繰り返しますが、 血液の排出口が無いために、その場にたまって血豆や血腫のようなものをつくり、 これが毎回破れて痛みを引き起こします。 とくに痛みがひどいのは、子宮の壁(筋層)内に内膜が飛び火した「子宮腺筋症」です。 子宮内膜症が起きると腫瘤ができやすく周囲の組織と癒着を起こしてきます。特に卵管が 癒着を起こすと不妊の原因となります。

子宮内膜症の代表的な症状は、月経が繰り返されるたびにだんだんひどくなる月経痛です。 月経痛はほとんどの女性が経験するものですが、子宮内膜症がある女性の月経痛は、 日常生活に支障をきたすほど重症なものもあります。 月経のとき以外でも、下腹部のあたりが痛む、違和感があるなどの場合は要注意です。

このような際に、漢方薬と鍼灸を併用すると女性ホルモンのバランスを整えられ、治療効果 が高いと考えられています。 漢方では子宮内膜症などの疾患の原因は、主に血の巡りが悪くなる「瘀血」による、 古い血のかたまりがもたらす、あるいは生殖能力に関係する「腎」が弱くなったことと 考えられています。

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.