妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

子宮腺筋症とは

子宮の筋肉に子宮内膜(月経時に出血する部分)が入り込むことで、子宮が腫大して しまう病気です。
発症年齢は30代後半から50代前半に起こるのが特徴的ですが、最近は20代であっても 腺筋症になる女性が増えています。
症状としては月経痛、月経困難、性交痛、排便痛、過多月経・不正出血がメインです。

漢方薬と鍼治療はホルモン療法と違い根本的な体質改善治療ですので月経の症状や内容自体が よくなりながら改善してゆくという経過をとり痛み止めを服用しなくても全く大丈夫 という日が出てきます。
衰退している腎気を補い、停滞している胞脈の血行を改善してゆくと腰のだるさがとれ、 月経血がスムーズに流れるようになるので腹痛も軽くなりまたは全く痛みが消えます。 そして月経の状態が良くなります。同時に妊娠の確率が格段に上がってきます。

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.