妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

高プロラクチン血症とは

bst妊婦または授乳期でないのに、母乳が出てくる場合などは、この病気を疑って見たほうが よいでしょう。
プロラクチンとは脳下垂体から放出される6種類の刺激ホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を 分泌させるように働きますが、このホルモンの分泌が異常に亢進して乳汁分泌、 無排卵月経などを起こすようになったものを高プロラクチン血症といいます。 プロラクチンの血中濃度の正常値はおよそ15mg/ml以下ですが、高プロラクチン血症 ではこれが異常高値を示すようになり、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH) の分泌が減るため、無月経、無排卵、黄体機能不全、着床障害、流産を生じやすくなります。

高プロラクチン血症の人の多くは、体質やストレスによって、身体の気血のめぐりか悪くなっています。 その様な方は、身体が張ったり、凝ったり、痛んだりする症状を生じます。 代表的なものが生理前の胸の張りや痛みです。その他に、頭痛、肩こり、生理痛 も起こりやすいです。理気作用のある生薬を中心に用います。 気血のめぐりを良くし、女性本来の妊娠しやすい身体作りをサポートします。

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.