妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

アレルギーと漢方

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は慢性の皮膚病で、多くはアトピー性素因というアレルギー体質の一種がベースになって生じます。皮膚の乾燥とともに、かゆみをともなう湿疹が、悪くなったり、よくなったりをくり返すのが特徴です。

アレルギー性鼻炎kusyami

外から侵入しようとする異物から体を守るために、鼻粘膜が過剰に反応してしまう症状。遺物となる原因物質=アレルゲンが鼻粘膜に入り込むと、体内の免疫反応によって抗体がつくられます。そこへ再びアレルゲンの刺激を受けると、くしゃみや鼻水のアレルギー反応を起こすのです。 アレルギー性鼻炎には、通年性と季節性があります。
通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、猫の毛などがアレルゲンとなり発症。
季節にかかわらず一年中症状がみられます。季節性アレルギー性鼻炎を代表するのは花粉症
です。

気管支ぜんそく

軌道に生じたアレルギー性の炎症が慢性化することで、気道が過敏になり何らかの刺激で気道が狭くなると、呼吸が苦しくなります。ゼーゼーと喉が鳴る喘鳴や、発作的な咳などの症状がみられます。

じんましん(薬疹)

食事のあとに急に全身の皮膚が赤くはれあがり、ひどい痒みに襲われますが、数分から数時間後にスーッと消えてしまうのが、食事性のじんま疹です。
青身の魚、貝類、えび、カニ、タマゴ、まれに肉などもジンマ疹の起こりやすい食品といえます。このアレルギーはⅠ型の即時型アレルギーです。

▼主な適応症
アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息、紫外線による皮膚障害、じんましん(薬疹)

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.