妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

メタボリック症候群

mtbrcメタボリック症候群おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した 内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群)といいます。 内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。 しかも、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで動脈硬化が急速に進行します。 さらに漢方の強みは、未病段階でのアプローチが可能であるという点です。 腹間膜にたっぷりと脂肪がついてしまう内臓肥満は、メタボリックシンドロームの代表的な症状ですが、これは糖尿病の予備軍でもあるため、つまりは未病の段階といえます。 この段階で生活改善を始めれば、糖尿病に移行することを防ぐことができます。 あくまでバランスのとれた食事と適度な運動が中心となりますが、そのうえで、証に合った 漢方が力を発揮するわけです。

メタボリック症候群に効果のある漢方薬の一例

防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)
腹部に皮下脂肪が多く、肥満症、高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、むくみ、便秘 充血、皮膚の病変顕著

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
小便不利で下肢に浮腫をきたし、膝関節の腫痛するものの次の諸症:腎炎、ネフローゼ、妊娠腎 陰嚢水腫、肥満症、関節炎、癰、せつ、筋炎、浮腫、皮膚病、多汗症、月経不順

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだち等の精神症状のあるものの次の諸症:高血圧症 動脈硬化症、慢性腎臓病、神経衰弱症、神経性心悸亢進症、てんかん、ヒステリー、小児夜啼症 陰萎、手掌・足底の発汗

▼主な適応症
メタボリック症候群、脳卒中、高血圧、動脈硬化、狭心症 、心筋梗塞、高脂血

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.