妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎とは、腎臓に大小の袋状の嚢胞ができる病気です。遺伝性の腎臓病の中でも多く日本では人口10万人あたりに15~25人 の患者さんがいると推測されています。
多発性嚢胞腎では、左右両側の腎臓に嚢胞が多数できます。嚢胞は腎臓だけでなく、肝臓やひ臓すい臓などにも発生します。 袋状の嚢胞の中には液体がつまっており、腎臓内にできた嚢胞によって腎実質が圧迫されて、しだいに腎機能が低下します。 進行すると腎不全に陥り、多くは診断後10年ほどで尿毒症に至ることが多いようです。
多発性嚢胞腎には遺伝のタイプによって、乳児型と成人型があります。乳児型は生後1年以内に腎不全になり、死亡することもあります。 成人型は30~40歳で発症します。根治が難しく、治療は対症療法が中心です。 根本的な治療法がないので、対症療法が中心になります。疲労感首肩こり腰痛鍼やマッサージ血尿には止血剤、高血圧には降圧薬を 用います。特に血圧の管理は非常に重要です。
感染症が起こったときは、抗生物質や抗菌薬で対処します。薬物療法を行いながら、食事療法や生活の注意で腎機能の低下を抑え、 鍼・漢方薬で血圧を良くし腎不全への進行をなるべく遅らせることが大切です。尿毒症に至った場合は透析療法を開始したり、腎移植を 考えます。なお、この病気の人は脳の血管に動脈瘤ができることがあるので、その検査と経過観察も必要です。
成人型は30~40歳に発症症状は血尿、わき腹の痛みや腰痛若いうちは嚢胞が小さく、症状が出ないが、30歳を過ぎると血尿やわき腹 の痛み、腰痛、高血圧、腹部のしこりなどの症状が出るようになる。遺伝性の高い病気です。家族に同じ病気の人がいたら上図のような 症状が現れたらすぐに検査をお勧めします。

「 C型肝炎、肝硬変・慢性肝炎、肝解毒能力、肝機能改善頻尿、の漢方薬効能に関しては近日中にUP致します。」

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.