妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

気管支喘息

気管支ぜんそくは、軌道に生じたアレルギー性の炎症が慢性化することで、気道が過敏になり何らかの刺激で気道が狭くなると、呼吸が 苦しくなります。ゼーゼーと喉が鳴る喘鳴や発作的な咳などの症状がみられます。 西洋医学では気管支ぜんそくは気管支の病気と考えます。 代表的な治療としては、気管支拡張剤で空気の通りをよくしてけいれんを抑制し、吸入ステロイド薬で気道の炎症を抑え、発作を起こり にくくします。一方で、東洋医学では気管支喘息を肺の機能の不調と、肺をささえるほかの臓器の不調と考えます。 
東洋医学では、一つの臓器の調子が悪くなると、ほかの臓器の調子にも影響が出ると考えます。 西洋医学に基づいて気管支ぜんそくの治療を受けても、調子がよくならないという人がいますが肺に影響を与えるほかの臓器が問題となって いるケースが多いのです。

肺に影響を及ぼす臓器は、主に三つあるといいます。
一つは脾(消化器系) 胃腸の働きが弱いために、炎症性の水分である痰がつくられて肺に影響を与えます。
二つ目は腎(内分泌系) 腎でつくられるエネルギーの低下が肺に影響します。
三つ目は肝(神経系) ストレスがたまると自律神経が興奮し、肺が熱を持ってしまいます。

☆気管支喘息では咳・喘鳴を伴う発作性の呼吸困難が典型的な症状である。
☆気管支喘息は若年者から中高年まで幅広く罹患が認められ,その発症はアトピー性素因と関連
 がある。
☆気管支喘息の気道は好酸球,肥満細胞,Th2細胞浸潤による慢性気道炎症が存在する。>
☆気管支喘息では気道過敏性亢進や気流制限の可逆性が特徴的である。
☆喀痰中好酸球数,ECPなどや呼気中NOの増加が気管支喘息の診断に有効である。

 ▼主な適応症
 風邪、喘息、気管支喘息、気管支炎、小児喘息、老人性咳

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.