妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

胃の病気

胃はエネルギー源のでんぷん類を唾液中の消化液でマルトースに、胃からの分泌消化液ペプ シンによってたんぱく質を低分子のペプチドに消化する器官で、消化が完了するまでは胃の 出口である幽門を閉じています。 さらに胃はpH1.2という胃酸(塩酸)を分泌して、口から入れた食べ物を消毒する役目をして います。胃はたんぱく質でできているので胃酸によって焼けただれ、さらに胃の細胞から たんぱく消化酵素が分泌されているので胃も消化を受け、胃炎や胃潰瘍の原因となります。 ところが健康人の胃はそのようなことにはなりません。 胃を守るためのドロドロの粘液物質が胃の粘膜から分泌され、攻撃因子と防御因子のバランス をとっているからです。 胃酸過多症になる原因は、ストレスといわれています。強いストレスを受けると胃内で ヒスタミンが多量に分泌されます。ヒスタミンは胃粘膜細胞のH2レセプターにくっつくと塩酸が 多く産生され、塩酸で潰瘍が発生し、胃が痛くなったり、膨満した感じになったりします。 気分的なストレスもあれば、季節の変わり目の気候ストレスによっても胃潰瘍が発生します。

機能性胃腸症
今まであまり耳にしたことのない病名だけに、どんな病気、不思議に思われた方も多いのではないか と思います。「機能性胃腸症」は胃のもたれやむかつきなどで外来を受診する患者さんのかなり の部分を占めているといわれる病気なのです。 他の症状は胃痛、みぞおちのあたりが気持ち悪い、食欲がない、嘔吐、胸やけ、胃のあたりがはっている 気がする少し食べるとすぐ満腹になる、下痢などです。これは漢方薬の適応症です。 ぜひおためし下さい。

急性胃炎
薬剤、アルコール、暴飲暴食、ストレスなどの刺激によって、急激に胃粘膜の発赤、出血、びらんを生じる状態をいいます。 これらのうち所見の激しいものを、わが国では急性胃粘膜病変(acute gastric mucosal lesion:AGML:急性胃炎)と呼んでいます。 急性胃炎は原因を特定できる可能性の高い病気の一つである。 食中毒のときの胃の症状は急性胃炎に基づいているし、刺身を食べた後、急に胃が痛くなるアニサキス症も急性胃炎に分類されている。 また、細菌、ピロリ菌の感染によっても、急性胃炎様の所見が出現することが明らかになっています。 胃炎が重くなると、嘔吐や腹痛を引き起こし、ときに吐血を認めることがある。上腹部を圧迫すると痛みを感じます。 思い当たる原因があり、吐き気、上腹部の不快感または痛みがあれば、内視鏡検査を行わなくても急性胃炎と診断できます。

下痢、食中毒
漢方原典の『傷寒論』では、感染症の初期症状を「太陽病」と呼びました。夜中クーラーでかぜを引くのも太陽病、 寝冷えして下痢をするのも太陽病なら、食中毒も太陽病です。 寝冷えをして下痢をした時は血行が悪くなっているので、胃腸の運動がにぶり、 摂取した食べ物が胃や腸管内に貯留され、悪玉菌が繁殖して腐敗が起こります。すると腸管がエロジオンを起こし、 飲んだ水分が吸収されず、下痢便になります。水分の多い下痢便が直腸を通過する時、直腸は水分を定量し、排便回数を増やします。

日頃の注意点
体力を着けることと、体を休めるというのが基本です。無理をしたり、ストレスの多いことをしたり、 暴飲暴食を避け、手洗いを励行し、汚染の疑い のある食品を摂取せず、中身まで火の通った(75℃で一分以上)食品をとるように心がけるべきです。

治療
また、腸内フローラをいつも善玉菌でいっぱいにするために、フェーカリス菌などの乳製品を常食したほうがよいと 厚生省のO-157感染症治療マニュアルにも記載されています。 このような症状には漢方薬が適しており、他に細菌内毒素による循環不良を予防する効果があります。

 ▼主な適応症
便秘・下痢、食中毒、 機能性胃腸症 、食欲不振、慢性・急性下痢、逆流性食道炎 急性・慢性胃炎、神経性胃炎、
胃酸過多症 、過敏性大腸炎、虚弱体質・体力低下、潰瘍性大腸炎、クローン病、痔

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.