妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

頻尿・尿失禁

尿の出が悪くなった、尿の出はじめから終わりまで時間がかかる、排尿後も残っているような感じですっきりしない、 トイレに行く回数が増えた、50歳を過ぎたころから、男性の多くがこうした「排尿の悩み」を経験するようになります。
「正常な排尿とは、膀胱に300~500mlの尿をため、トイレで尿を最後まで一気に出し切ることができる状態、とはいえ加齢とともに 腹筋や膀胱の筋肉は弱くなるので何らかの排尿障害が出てくるのは、ごく自然なことです」 。 内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです。 しかし、病気が原因で排尿障害が起きている場合もあります。なかでも高齢男性に最も多いのは「前立腺肥大症」です。
前立腺は、精液の10~30%を占める前立腺液をつくり出している男性特有の臓器。膀胱と尿道のつなぎ目にあって、尿道をぐるりと囲んで います。前立腺肥大症は、前立腺の内側(尿道側)に近い部分にコブができる病気で、大きくなったコブが膀胱の出口や尿道を圧迫するため 尿の出が悪くなり、頻尿や残尿感、尿意圧迫など、さまざまな症状を引き起こします。
前立腺肥大症の主な原因も加齢。年齢が高くなるほど前立腺が大きくなる傾向があり、日本人では50歳以上の5人に1人、70歳以上では 70%以上に前立腺肥大症が見られます。コブ自体は良性でがんのような悪さはしませんが、本人が困っている場合は治療が必要になります。
冷えが解消すると排尿障害も改善
冷えると腎臓に流れ込む血流量が増加する一方、膀胱が縮んで尿をためられる容量は少なくなるので頻尿になりやすいのです。 実際、頻尿を訴える高齢男性は体が冷えていて、加齢のために
〝腎〝(泌尿器系)の機能が低下する〝腎虚〝の状態になっていることが 少なくありません。

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.