妊活で失敗された方のかけこみ寺!「人工授精、体外受精、何をしてもダメっだった…」あきらめないでください。今までの実績で妊娠へ導きます!

院長挨拶

  • HOME »
  • 院長挨拶

院長挨拶

kato

 

加藤雅彦(日本漢方治療協会 会長)

明治薬科大学 薬学部 卒業
東京医療専門学校 鍼灸マッサージ科 卒業
帝京医療専門学校 柔道整復学科 卒業
ペーチ大学 医学部 医学科 留学

薬剤師、鍼、灸、マッサージ、柔道整復」5つの免許と「整体、気功法」を取得。

 

こんにちは!院長の加藤です。

当院は「漢方」「整体」「鍼灸」3つの治療法を組み合わせた「新生漢方」により、効果の乏しい治療に対しては効果を最大限に引き出し、もともと効果のある治療には即効性を見出す治療が可能となりました。

「新生漢方」は国家資格を含む複数の資格取得と、十分な知識や技術が必要となるため、その育成にも努めております。

施術への思い

私がはじめて漢方に出会ったのは小学生の頃。
目に「ものもらい」ができ、父が上まぶたにお灸をしてくれた時でした。
コロコロとしたあの違和感と痛みがあっ言う間に治り、子供ながらに衝撃を受けたのを覚えています。

つぎの出会いは思春期でデリケートな中学生の頃。
蓄膿症になってしまった時でした。
今では蓄膿症といえば市販の漢方薬で治すことが多いですが、当時は手術で治すのが一般的でした。
そんな時代のなか、遠方から漢方薬を送ってもらいすっかり治ったのを覚えています。

高校生になり、私はバレー部に所属していました。
過酷な練習のなか逆立ち歩行やスライディングで腰を痛め、椎間板ヘルニアを発症。
遠方にある評判の鍼灸院に通い、完治したのをついこの前の様に覚えています。

高校を卒業後、薬科大学へ進みました。
小さい頃から身近にあり、衝撃を受けた漢方を勉強するために薬科大学に進学しました・・・、と言いたいところですが、漢方に強く引き込まれたきっかけは大学二年のころ。
「西洋医学は行き詰りつつある。これからは東洋医学を取り入れるべき・・・」という文面を新聞の夕刊で目にした時でした。
次々と新しい治療を生み出す西洋医学こそ、最も優れた医療だと確信していた私には、目を疑いました。
また、その言葉を発したのがなんと世界医師会会長であることに崩れ落ちるようなショックを受けたことを覚えています。
私はすぐに、昔治療した「ものもらい」や「蓄膿症」「椎間板ヘルニア」のことを思い出しました。

大学を卒業すると、
日中は生薬研究室にて、日本薬剤師会漢方委員長より直々に古典から漢方について学び、夜間には医療専門学で鍼灸を学び卒業、その後は柔道整復を学び卒業ました。

薬剤師、鍼・灸・按摩マッサージ指圧師、柔道整復師の免許取得し、昭和62年に開業し、整体・カイロ・操体法、AK、PNF、気功法などを取り入れ、オリジナルの鍼治療を行ってました。
患者さんと向き合い、治療スタイルも日々進化していくなか、更に多くの知識をつけることでもっと早く、より簡単に痛み、苦痛をなくすことが出来るのではないか考え、最先端医療を学ぶため、世界最古で最先端のペーチ大学医学部にプレメディカル大学を経て入学しました。
世界トップクラスの最先端の医療を学ぶため世界各国から多くの人が溢れていました。
人気の教授の講義は外まで溢れ、立ち見が出るほどの混雑。
そんな世界の最先端の講義で学び日本へ持ち帰りました。

現在は、東洋医学の未開拓部分を新たに開発し、これまで原因不明のため治療困難であった病状について、 治療方法 を見出し、各分野での治療効果を最大限に広げております。
随時本店において勉強会などの研鑽をし、一人でも多くの方がニコニコ笑っていられるよう、痛みや苦痛を排除できる施術法を行うとともに、広めていきたいと思います。

ニコニコ整骨院の誓い

  1. 利用者様の痛み、悩みを解決するために一生懸命利用者様のつらさと向き合います。
  2. 専門用語の難しい話だけでなく、分かりやすい用語で話します。
  3. 施術だけではなく治癒が見えてきます

お気軽にお電話ください! TEL 0120-414-156
TEL 03-6379-8666
午前9:00~18:00(日・祝祭日除く)

Translator

Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagFrench flagThai flag
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 東京漢方堂薬局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.